スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忠南飯館

Taiwan
10 /03 2016
早いものでもう10月。
ブログのサイドバーに台北101の年越し花火までのカウンターを
設置してますが、
「あと90日」と表示されました。
なんだか妙に焦ってくる今日この頃です(笑)

さて、今日ご紹介するのは台北のローカル食堂
2016年1月1日、今年最初の晩ご飯で行きました。
IMG_1001.jpg
忠南飯館
台北市仁愛路三段88號
営業時間:11:00~14:00/17:00~20:30

は食事が終わって外に出た時の様子。
私たちがお店に到着した18:00前はこれほどではなかったけど
最後の1テーブルでした。

IMG_0994.jpg
壁にかかったメニュー表。

IMG_0995.jpg
テーブルのメニュー表。
ほとんどのお料理は190元 160元 130元。
一番お高いお料理でも240元。

お店のルールとして
「一人一品オーダーしてくださいね」とのこと。
注文票はありません。
白い紙とボールペンを渡され自分で料理名を書いて
店員さんに渡します。

この日は6名で来店。
IMG_0982.jpg
芥蘭菜の炒め物。
小松菜に似ていますが、日本ではお目にかかれないお野菜。
キャベツやブロッコリーの仲間で
チャイニーズブロッコリーとも言うそうです。
くせがなくて食べやすいお野菜です。

IMG_0983.jpg
梅菜扣肉
梅干菜というお漬物と豚バラを紹興酒、お醤油、お砂糖で
甘く煮付けたお料理。
一緒に行った台湾のお友達は
「たれの味付けが上手だわ~」と絶賛してました。

IMG_0984.jpg
空芯菜の炒め物。

IMG_0986.jpg
紅焼獅子頭。
この店のお勧め料理。
大きな肉団子と白菜の煮物。
白菜をよけて肉団子の写真を撮るのを忘れました。

IMG_0987.jpg
豆干の炒め物。
豆干とは固めのお豆腐を圧縮して細切りにしたもの。

IMG_0990.jpg
黄韮の炒め物。

IMG_0993.jpg
海老入りの台湾オムレツ。
見た目はいまいちですが、
小エビがたっぷりはいっていて贅沢な卵焼きでした。

IMG_0991.jpg
サービスでついてくるスープ。
もやしが入っていました。
具がはいったスープはもちろんメニューの中にあります。

IMG_0988.jpg
途中で撮った写真ですが、グラスの大きさと比べると
どのお料理も結構なヴォリュームがあるのがわかります。

白ご飯はセルフサービスで食べ放題。
蓬莱米(ジャポニカ米)と在来米(インディカ米)と
2種類ありました。
白ご飯の横には自家製の唐辛子入りお醤油やお酢も
用意されてました。
店内が満員大盛況のため
こちらも写真を撮れず。

どのお料理もハズレがなく美味しかったです。
濃い味好きの私には若干優しい味付けでしたが、
自家製唐辛子入りお醤油をたらすと
ピリっとしまっていい感じ。

とにかく毎日地元の方で大人気のお店。
店内はにぎやかで「ゆっくりお食事を楽しむ」っていう
お店ではありませんが、安くてうまい!

予約はできないので
オープン時の17:00を目指していかれることを
お勧めします。
ランチ営業もしてますが、
きっとランチ時も混んでるんでしょうね。

コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。