スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川妹子

Taiwan
09 /16 2016
台湾好きのブロガーさんたちに絶賛されてる
「川妹子」に行ってきました。

20160916-01.jpg
川妹子川菜館
台北市中正區光復南路240巷52號
02-2721-6950
営業時間:11:40~14:00,17:20~22:00

看板には成都川味料理と出ています。
いわゆる四川料理のお店です。

20160916-02.jpg
入り口はこんな感じ。
予約をして行きましたが、15分ほど待たされました。
店内は満員で入り口はいったところの椅子にも
待っている方がいらっしゃいました。

20160916-13.jpg
食事が終わり少し空いてきたところで撮りました。
なんだかお洒落でスタイリッシュなお店。
奥には個室もありそうでした。

メニュー
20160916-03.jpg
辛いお料理は唐辛子の本数で示しています。
辛くないお料理もあり。

20160916-04.jpg
熱炒(居酒屋)よりはお値段高めですが、
このお店の雰囲気だとこんなもんでしょう。

20160916-05.jpg
火鍋もあります。
小と大、人数にあわせて選べるのがいいですね。

20160916-06.jpg
お飲み物。

初見のお店なので
四川料理の王道中の王道をチョイス。
20160916-07.jpg
「蒼蠅頭」
ハエの頭という日本では考えられないような料理名。
豚肉とにらのそぼろ炒めです。
このお料理に使われているニラは日本の平べったいニラ
じゃなくて、にんにくの茎みたいな
しゃきしゃきしたニラ。
ピリ辛でご飯が何倍でもいける。
これも「あかんやつ」です。
チャーハンをオーダーしてたけど、
思わず白ご飯を追加しました。

20160916-08.jpg
「口水雞」
口水とは中国語で「よだれ」という意味。
よだれがでるほどうまい鶏って名前です。
茹でた鶏肉をスライスして香辛料や薬味をきかせたソースを
かけて食べる冷菜。

20160916-09.jpg
最近、めっちゃはまってる「老皮嫩肉」
揚げだし卵豆腐を甘辛いお醤油たれで絡めたお料理。
あちこちで食べ比べしてますが
いまのところ、めっちゃハズレのお店はありません。
どこで食べても安定した美味しさ。
自分で作れそうですが、
ゆるゆるの卵豆腐を揚げるのに
かなりのテクニックが要りそうなので
まだ挑戦していません。

20160916-10.jpg
「蒜泥白肉」
茹で豚肉のにんにくソースがけ。
他のお店では薄切りの豚肉が使われますが、
こちらでは骨付きの分厚い切り身。
お味は悪くなかったけど、ちょっと食べにくかったから
リピはないかな。

20160916-14.jpg
「乾煽四季豆」
いんげんの炒め物。
鼎泰豊のはお肉が少なくてお上品なんですが、
こちらのはお肉たっぷり。
台湾に行くと必ず食べる私の大好物。

20160916-11.jpg
「湖南臘肉飯」
干し豚のばら肉入りのチャーハン。

20160916-12.jpg
「銀絲巻」
揚げパンです。
白ご飯とチャーハンも食べたけど
気になったので頼んでみました。
名前に銀絲とついてるのは、中身が糸のような状態に
なっているはずなんですが・、残念ながら・・・。
台湾のお友達いわく、
この伝統的なパンを作れる職人さんが減ってきてるので
なかなかほんとの銀絲巻を出すお店がないそうです。

「銀絲巻」は行きつけの「小魏川菜館 」
を抜くところはまだ見つけられていません。

この日は4人で行ってアルコールなしで
1人400元(1300円)ぐらい。
家族連れのお客様も2組ほどいらっしゃいましたが、
なんやら若くてスタイリッシュな若者がいっぱい。
たまたまだったのかもわからないけど、
ご飯を美味しく頂きながら
周りをきょろきょろマンウォッチング。
楽しいひとときでした。




コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。