スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014GW台湾旅行 食べたもん その7

Taiwan
07 /10 2014
台湾のお友達に珍しいお料理を食べに連れていってもらいました。

926.jpg
MRT南京東路駅から歩いて5分くらい。
長春路と慶城街の交差点にある
「起家荘養生薬膳桶仔雞」
(台北市松山區長春路454號)

925_20140710221753c6a.jpg
赤い提灯がぶらさがった屋台風のお店。

917.jpg
レトロな雰囲気で20席ぐらいの小さいお店。

922_20140710221751b5b.jpg
お店の入口に寸胴鍋が並んでます。

このお鍋で鶏の丸焼きを作ってくれます。

これは宣蘭地方の山でよく食べられる伝統的な料理方法だそうです。
台北市内でこれを食べる事が出来るお店は
結構珍しいそうです。
(鶏が苦手な方は下方の画像に注意です)
とりあえず、丸焼きが出来るまでに
サイドオーダーを。
894.jpg
エリンギの串焼き。

896_20140710221923b02.jpg
牛串。
これがステーキぐらい美味しかった~!

898_2014071022201202b.jpg
イカ団子の串焼き。

904.jpg
鳥皮の串焼き。

お野菜は
899_20140710222013668.jpg
マコモダケのホイル焼き。

902.jpg
白菜のスープ煮。

903_201407102220161f3.jpg
ヤングコーン。

そして、やってきました
906.jpg
まるまる1羽の鶏の丸焼き。
ダイナミックですね~。
内臓をだして、中に漢方やお野菜をつめて
焼かれてます。

910.jpg
軍手とビニール手袋をもってこられるので、
素手でお肉をとりわけます。

911.jpg
台湾のお友達がさばいてくれましたが、
めちゃ熱かったそうです。

913.jpg
お皿に添えられたお塩と
写真を撮るのを忘れたのですが、鶏の油をつけていただきます。

この鶏肉がジューシーで旨味がぎっしり、
台北で食べる北京ダックも美味しいけど、
鶏の丸焼きも超うまい!
薬膳と書いてるけど、漢方臭さはまったくありませんでした。

締めに
915.jpg
鶏の油とお醤油で作った汁かけご飯と
916_20140710230316bc2.jpg
汁麺。
これはとってもあっさりしたお味でした。

小さなお店だけど、予約しないと入れない超人気店だそうです。
ごちになったので料金はわからないのですが、
串ものは1皿100元(350円)ぐらい。
鶏は1羽450元(1575円)だったと思います。
5人で食べておなかいっぱいになりました。



コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。