スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北 國立故宮博物院-神品至宝-

Taiwan
06 /27 2014
今週火曜日、6月24日より 東京国立博物館で
特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」 が開催されています。

メディアには大々的に報じられてませんが、直前になって
開催中止になるかもしれない事態になっていました。

開催するにあたって台湾側と東京国立博物館の間で
「國立故宮博物院」と明記することが
取り決められていたにもかかわらず
20140627-14.jpg
國立という文字をあえて抜いたようなチラシやポスターが見つかりました。

幸い、日本側がすべてのポスター、チラシを訂正するということで
21日に決着し、無事開催となった次第です。

東京國立博物館での開催は
2014年6月24日(火) ~ 2014年9月15日(月) ですが
門外不出の「神品」 翠玉白菜(すいぎょくはくさい)は
2014年6月24日(火)~7月7日(月)の2週間限定公開になっています。

Twitterでは待ち時間がわかるアカウントが出来てますが
昨日は最高180分待ち、今日はなんと200分待ちがでています。
200分待ちって3時間20分。
関空から台北に行けちゃいますね。

台北の故宮博物館は2001年~2006年12月まで
大々的な補修・改修工事がありました。

20140627-09.jpg
当時の看板。

今では館内の写真撮影は禁止ですが、
リニューアル前は自由に写真を撮る事ができました。

20140627-02.jpg
翠玉白菜(すいぎょくはくさい)。
翡翠で作られたお宝です。

20140627-06.jpg
石を彫って作られたと思えないほど、
白菜の葉っぱがみずみずしい。

他にも
20140627-03.jpg
象牙細工。

20140627-04.jpg
金細工。

20140627-05.jpg
どうやって作ってるのかわからないほどの
精巧な焼き物などなど。

20140627-07.jpg
こちらは2014年10月7日(火)〜2014年11月30日(日)
九州国立博物館で公開される肉形石。
石を加工して磨き、表面を着色し皮、脂身、赤身がくっきりわかれ
毛穴までリアルな東坡肉(豚の角煮)。

20140627-01.jpg
2004年頃にはこうして1つのショーケースに
並べて展示されてました。

今は中国大陸からの観光客が毎日押し寄せているので、
展覧室から放り出されて、オープンスペースに別々のケースで展示されています。

テープでQラインが作られています。
ツアー客と一緒になると少し待ちますが、
合間を縫えばゆっくり鑑賞できます。

その頃の写真を見ていると





20140627-10.jpg
忠烈祠もこんなに空いてました。
20140627-11.jpg
衛兵の交代式。
20140627-12.jpg
直近かで見れてめちゃ迫力ありました。

今は交代式の時間より早めに到着して
一番前でスタンバイしてても、
開始直前に大陸人がバスで押し寄せ、横はいりされてしまいます。

当時は大陸からの観光客は来れなかったので
20140627-13.jpg
みなさんとってもマナーが良くて平和でした。

もう一つ懐かしい写真を
20140627-08.jpg
その頃の台北の地下鉄MRTの切符です。

カードみたいな1回乗車券。
降りる駅で回収されました。
色んな絵柄があって楽しかったな~。

今はトークンと行ってコイン状になっていますが、
リサイクル方式はそのまま続行されてます。

今では電子マネー機能もついた悠遊カード(ゆうゆうカード)を使うので
駅で切符を買う事はなくなりました。

コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。