スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城崎温泉旅行 その2

Travel
07 /16 2013
晩御飯の後、外湯へ。

ホテルからの送迎バスもありますが、
お腹がいっぱいだったので散歩がてらぶらぶら歩いていきました。

城崎には7つの外湯があります。

とりあえず、一番行きたかった「御所の湯」へ。
20130716-20.jpg
京都御所を彷彿させる重厚な造り。
こちらは平成17年にリニューアルされました。

内部の写真は観光協会のHPよりお借りしました。
20130716-21.jpg
露天風呂の前には小さな滝があり、
お湯につかってマイナスイオン。
暗くなるとライトアップされて綺麗でした。

20130716-22.jpg
1時間ほどゆっくりして外にでると
だんだん通りが賑わってきていました。
ほとんどの宿泊客が浴衣姿なので、
ちょっとタイムスリップしたような不思議な気分。

御所の湯の斜め前にある木屋町小路
20130716-23.jpg
「きのさきビネガー」で湯上りビネガー。

20130716-24.jpg
右はグアバの果実酢ジュース 左は「夢ごごち」という
リンゴ酢に南高梅とはちみつをつけたビネガーのスムージー。

さっぱりしたところで
帰りはホテルの湯めぐりバスで帰りました。
20130716-25.jpg
こんなレトロなボンネットバス。
色んなホテルの送迎バスが走ってるのですが、めっちゃ目立ってました。

翌朝の朝ご飯は7時から。
20130716-26.jpg
朝からもりもり頂きました。

またまたお風呂に入ってゆっくり。
チェックアウトが11時ってのは嬉しいですね。

今回、土曜日・特定日の2名1室で 1名11700円でしたが、
4名で来ると8700円。
この料金でこの内容なら文句なしです。
また城崎に行ってもいいし、
他の大江戸温泉にも行ってみたいと思いました。

チェックアウト後は
城崎温泉駅のすぐそばのパーキングに車を停めて
20130716-27.jpg
周辺をお散歩。
20130716-28.jpg
かにの看板や美味しそうな海鮮を焼くにおいがしてきますが、
さすがにもう食べれましぇん。

20130716-29.jpg
wada-yaさんでお買物。

お目当ては7月14日から発売開始された
「但馬牛三昧」というお弁当。
20130716-30.jpg
限定50食。
私がレジを済ませると残りわずかになっていました。

このお弁当は城崎温泉の旅館の若旦那さんたちがプロデュースされました。
20130716-31.jpg
売れ行きも良く若旦那さんも笑顔でピース

20130716-32.jpg
お値段ひとつ1680円。
お弁当を包んでるのは、「城崎温泉オリジナル手ぬぐい」。

20130716-33.jpg
お品書きの裏には「お宿割引クーポン」がついています。
若旦那さんたちのお宿に泊まる時は1000円割引してくださるとのこと。

20130716-34.jpg

 またもや(笑) 但馬牛のステーキ 但馬牛のローストビーフ 但馬牛のすき焼きに
 湯葉とほうれん草の和物。

渋滞を避け少し早目に帰宅し自宅でゆっくり頂きました。



コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。