スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013GW台湾旅行記 その6

Taiwan
05 /19 2013
広~い園内を動物を見ながら降りて来ます。
231.jpg
ピューマは山獅と言うのね。
発音記号もついてるので看板を見ながら中国語をお勉強。

233.jpg
本人(?)はお昼寝中で動きません。

235.jpg
ゴリラも暑いな~って日陰で休憩中。

254_20130519031745.jpg
ほとんどの動物たちはお昼寝中でした。

1024.jpg
広場に作られたカバのモニュメントで記念撮影。

入口付近にあるおトイレ。
1027.jpg
日本の公衆トイレより綺麗だと思います。

1026_20130519031750.jpg
トイレの前の置き物?

1025.jpg
どんだけ○○○が好きやねん(笑)

前に見た事があるコアラ館や昆虫館、爬虫類館などをスキップしても
夕方までかかりました。
204円で1日たっぷり楽しませてもらいました。

さて、晩ご飯は
MRTで科技大楼駅で途中下車。
大安駅方面へ歩いて5,6分で
1029.jpg
無名子清粥小菜。
3階建ての綺麗なお店です。
お店の英文名は「NoName Congee & Delicatessen」。
無名子はそのまんま「名もないお粥とおかずのお店」と言う意味です。

276_20130519031937.jpg
晩ご飯にはちょっと早い時間なので空いてました。

1040.jpg
店内もピカピカで綺麗です。

272_20130519031934.jpg
お皿に盛ったのもありますが、

273.jpg
ガラスケースの中の食べたいおかずを指差します。
(何故か写真ではライトが赤くなってますが、
実際にはこんな色じゃなく普通に見えてました)

274_20130519032501.jpg
野菜炒めはその場で熱々を作ってくれます。
キャベツ、ホウレン草、サツマイモの葉っぱ、A菜などありますが、
空芯菜を頼みました。
下の氷に埋まってるのはジュースです。

1036.jpg
サツマイモ入りのお粥は鍋に入れられてテーブルに持ってきてくれます。

1039.jpg
台湾のさつまいもって黄色が濃くて甘~い。
お粥は1人25元(85円)でおかわり自由。

1032.jpg
小っちゃいたけのこ。
台湾の方は冷えたおかずは好きではないので、
こうして温めて持ってきてくれます。

1033.jpg
鶏肉の唐辛子炒め。うまい。

1034.jpg
代表的な台湾おかず、トマトとたまごの炒め物。

1035.jpg
いんげん。
1037.jpg
空芯菜の炒め物。

271_20130519174310.jpg
店員さんが伝票をもってきてくれます。
これ全部で310元(1054円)
美味しくて安いわ。

実はこのお店、ジェリーくんのFC 2008年5月8日のブログで
UPされてたお店です。
20130519-01.jpg
ブログの内容は
「台湾の朝食。
この間、友達と一緒に朝食を食べに行ったんだ。
それがとっても美味しかったから、ここで台湾の伝統的な朝食を紹介します・・・・」
で始まるんだけど。
台湾では必ずしもお粥=朝食ってわけじゃないみたい。
UPされてた2008年当時はわかりませんが、
現在の営業時間は午前11時から朝の6時、お休みの日だけ24時間営業です。
どちらかと言うと他のレストランがクローズした時間でも
ご飯を食べれるお店ということです。

すぐ近くに
277_20130519032821.jpg
「一流清粥小菜」がありました。
ちょっと覗いてみましたが、こちらの方がおかずの種類は多そうです。
お味のついた廣東粥もあるし、次回はこっちに行ってみよう。

ガイドブックには「お粥横町」と書いてますが、
お粥屋さんが並んでるわけじゃないので、ご注意ください。
以前、開いてると思って行ったら営業時間が変わってて
閉まってた事があったので事前にHPで要チェックです

一旦ホテルに戻り、夫がくつろぎモードに入ったので
私はこの日も夜の街へお買物に出かけたのでした。




コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。