スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-6月台湾旅行記 その3

Taiwan
10 /06 2012
6月22日(金)

2日目の朝。
087_R.jpg
曇りですが雨は降っていません。
089_R.jpg
朝の台北駅前。
早起きして隣の駅まで15分ほど歩いて台湾の朝ご飯を食べに行きました。

目指すは華山市場2Fにある「阜杭豆漿」。
この日は階段の上までしか並んでなかったのでラッキーでした。
とは言っても朝6時半にホテルを出たんだけどね(笑)
090_R.jpg
階段に貼ってあるポスター。
091_R.jpg
どうやら並び方が変わったようです。
前はフードコートの中をとぐろを巻くように並んでたんだけど、
2Fから1Fへ階段に並んでくださいということでした。
098_R.jpg
朝早いのにたくさんの人がいます。
094_R.jpg
職人さんたちもフル稼働ですね。
075_R.jpg
三人前の朝ご飯。
P1010127_R.jpg
ここの鹹豆漿(豆乳スープ)はほんとに美味しいね~
早起きして行く価値あります。
076_R_20121006212705.jpg
こちらは蛋餅、甘くないクレープと薄焼き卵を重ねたものです。
この日はランチの予約をしてるので、いつもよりずっと控え目でした。

一旦ホテルに戻って休憩してから向かったのは
P1010130_R.jpg
迪化街。
美しいバロック建築の建物が並び、漢方薬屋さん、乾物屋さん、生地屋さんなどが
立ち並んでいます。

103_R.jpg
まずは「霞海城隍廟」へお参り。
104_R.jpg
この日は何か特別な日だったのかもしれません。
外にもこんなに立派な祭壇が祀られていました。
113_R.jpg
霞海城隍廟に安置されているのが「月下老人」。
ご利益満点の縁結びの神様。
毎年7000組ほどのカップルが、お礼参り(結婚が決まったお礼)に訪れるそうです。
P1010140_R.jpg
シングルの方はお供えセットを買うと
スタッフの方がそばについて参拝方法を教えてくれます。
最後のお守りを香炉の上で三回まわすのですが、
なんということでしょう~
115_R.jpg
香炉に炎が上がっています。
日本語を話されるおばさまが
「あなたたちの願いはかないますよ。香炉に炎があがるのは
神様があなたたちがここに来た事を喜んでられるのですよ」って。
ほんとかどうかわからないけど、悪い気はしませんね。
ちなみにこちらには
天公(天の神様)、城隍爺(無事息災・金運上昇)、菩薩(智慧を授かる・心の平和)、
城隍夫人(夫婦円満・家庭円満)、義勇公(悪を近づけない・旅の安全)などの神様もおられます。

お参りの後は
P1010152_R.jpg
永楽市場で生地を見たり、漢方薬のお店に寄って
119_R.jpg
いつもの「百勝堂薬行」へ。
P1010147_R.jpg
ドライトマト、ドライマンゴーなどを買いました。
P1010146_R.jpg
工芸茶も小袋入りで売ってます。
今回は買わなかったけどお土産にいいかも。



コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。