スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012GW台湾旅行記  その12

Taiwan
05 /20 2012
5月2日 つづき

ホテルの中にはいたるところに蓮の花が飾られていました。
135.jpg
レストランのテーブルに置いてあるお花や客室の盆栽も
こちらのホテルで栽培されてるそうです。

夜になると
888.jpg
蓮の花がキャンドルに変わります。

この日の晩御飯は中華レストラン。
先日、ホテルには洋食と中華のレストランがあると書きましたが
すっかり忘れてました。
もう一軒、鉄板焼き・日本料理のレストランがありました。
全く興味がないので入口のメニューさえチェックしませんでした。

896.jpg
こちらもセットメニューは1800元でした。
特に魅かれるメニューもなかったので、アラカルトでオーダーしました。
898.jpg
蒋介石がお気に入りだった紅茶卵。
前日の飲茶でも食べたのですが、ホテルの名物だというので再度オーダーしてみると
前日の紅茶で煮た茹で卵ではなく、こんなおしゃれな燻製卵でした。

097.jpg
海老入り大根餅。

899.jpg
紹興酒風味東坡肉(トンポーロー)。
豚の角煮です。塊で一度テーブルに乗せられ
098.jpg
その後、係りの方が切り分けてくれました。
見た目ほど味は濃くなく、香辛料も控え目ですごくお上品な角煮でございました。
めっちゃうま~です。

099.jpg
パンに挟んで食べるのですが、出来れば白いご飯が欲しかった。

104.jpg
山蘇炒めを頼んだら、フロアマネージャーが
「大変申し訳ない。今日は山蘇がないのでこのお料理はできません」って。
変わりに乾扁四季豆。

シーフード酸辣湯をオーダーして出てきたのが
907.jpg
どう見てもタイ料理のトムヤムクン。
お味もトムヤムクンそのままでした(笑)

103.jpg
埔里式焼きビーフン バナナの葉包み。

106.jpg
こちらもバナナの葉を開けて、薬味をまぜて取り分けていただきました。

他にも食べたいものがありましたが、2人だとこのぐらいが限界。
 
デザートに
108.jpg
杏仁豆腐と

107.jpg
桂花涼拉糕。
日本語ではキンモクセイ風味の蒸しカステラと書いたありますが、
ういろうみたいなお菓子。

このお菓子もラ・ルーの名物で
111-2.jpg
お皿を逆さまにしても落ちない粘着力。
でも、口にいれてもべたべたひっつく事はありません。

このお料理に台湾ビールを飲んで、前日の洋食の約半額ぐらいで収まりました。
これなら2日とも中華でよかったかもしれません。

夜のラ・ルーの照明はキャンドルの灯りがメインになるので
かなり控え目です。
663.jpg
夕食の後はホテルのshopでお土産物を見たり
923.jpg
茶芸館でお茶や
924.jpg
茶器を見て過ごしました。



コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。