スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012GW台湾旅行記  その8

Taiwan
05 /17 2012
いよいよ「The LALU Sun Moon Lake 涵碧樓大飯店」のお部屋の中を
ご紹介します。

ドアを開けると
559.jpg
左手のテーブルの上には大きな蓮の花。

867.jpg
こちらがリビングスペース。
リラックスチェアと寝ころべるベッドがあります。

552.jpg
壁には暖炉。

555.jpg
リモコンで一発点火

553.jpg
よく観察すると正しくは暖炉風ストーブ。
積んである木が燃えているわけではなく、下の穴から炎が噴き出しています。
炎の揺れを見ているととても落ち着きますが、
さすがにこの時期には暑すぎます。

569.jpg
反対側はベッドルームとバスルーム。
境目にあるテレビは180度回転します。

572.jpg
バスタブの前には一応引き戸がついています。ジャグジーはついていません。

575.jpg
バスタブの奥にシャワールーム。
シャワーは上部の固定型と右側のステンレスの棒を引き出して使うハンドシャワーと2つ。

576.jpg
トイレもシンプル。ウォシュレットはありません。

574.jpg
洗面台は2つ。

581.jpg
バスソルトやボディーシャンプーなど備品は黒い陶器になっています。
洗面所のお水も陶器の中に。

1097.jpg
中にはTHE LALUのお水。
お水は冷蔵庫の中、ウェルカムフルーツの横、ベッドサイドテーブル、洗面所と
合計8本置いてありました。

579.jpg
BOSEのオーディオセットとホテルオリジナルCD。
かけてみるとびっくりするくらい良い音
スピーカーがあらかじめ良い方向にセットされているのか、
部屋全体から音が跳ね返ってくる感じでした。

593.jpg
ウェルカムフルーツはりんご。
リンゴ置きは重たい金属で出来ていました。
ホテルの備品は気に入れば購入することも出来るのですが、
かなりお高いお品でした。

557.jpg
ベランダには格子状の扉。

040.jpg
扉を開けると全オープン。
お部屋の中からでも素晴らしい景色が楽しめました。

565.jpg
中央には盆栽。
奥にはベッドのようなくるろげるソファー。

563.jpg
ベランダから下を眺めるとプール。

564.jpg
目の前にあるのはホテル専用船着き場。かつては蒋介石の専用ボート乗り場だったそうです。

対岸との間に小さく緑がこんもりしているところがあります。
これがこのホテルの名前の由来にもなっている「ラルー島」。
原住民のサオ族の聖地、精霊が住む島と言われています。
1999年の台湾中部大地震で水没し、ずいぶん小さくなってしまったので
現在は上陸することは出来ません。

コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。