スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012GW台湾旅行記  その4

Taiwan
05 /11 2012
4月29日つづき

夕方にホテルで待ち合わせして晩御飯へ。

この日も前日と同じメンバーで2回目の送別会。

Yenliさんと夫がまだ行った事がない北京ダックのお店「天厨菜館」へ。

今回は人数が少ないのでサイドメニューはたくさん頼めません。
307.jpg
ビールのおつまみに小魚の小菜。

309.jpg
これがもう一度食べたかったの~
エビミンチのレタス包み。
白く見えるのは全部海老、下に油條(揚げパンみたいなの)が敷いてあるので
混ぜ混ぜしてレタスに包んで頂きます。
油條のカリっとした食感ともちもちの海老が絶品です。

312.jpg 313.jpg
ご飯や麺ものを食べるとお腹がいっぱいになっちゃうので、
葱餅と野菜入り焼き饅頭。

316.jpg
焼きあがったダックをお兄さんが見せにきてくれます。
4人で1羽はちょっとヴォリュームありすぎ?
こちらでは半身のオーダーは出来ないので仕方ありません。

一旦奥に持って帰って、飴色に焼きあがった皮を
そぎ切りにして持ってきてくれます。
318.jpg
荷葉餅という薄い小麦でつくった皮に、ネギと特製テンメンジャンにダックをのせて
頂きます。
皮がパリっとしててうま~

324.jpg
皮が途中くらいまで無くなったら、次は身の部分を楽しみます。

北京ダックにはには三吃、二吃、一吃と三つの楽しみ方があります。
一吃は定番の皮で包んで食べる北京ダックのみ。

326.jpg
二吃はそれに鴨肉の炒め物をプラス。
328.jpg
三吃は鴨スープもプラス。
身も骨も全部頂いちゃいます。
このスープは全く臭みがなく優しいお味です

北京料理はどちらかと言うと濃いめの味付けですが、
ここはどれもちょうどいい味付けです。

329.jpg
最後はデザートの杏仁豆腐。

私たちが食事を終える頃は店内は満席、入口付近にもたくさんのお待ちの方が
いらっしゃいました。
前日に予約しておいてよかったです。

食後はMRTに乗って士林夜市へ。
腹ごなしのお散歩。
331.jpg
前から気になってた3月にオープンしたばかりの
パイナップルケーキのお店「噹娜娜Tartine dAnanas」へ。
詳しい事はまた改めて・・・・。

336.jpg
移転して新しくなった地下の美食広場。
あまりの混雑ぶりに4月14日から入場・滞留者数のカウント機器が設置されました。
滞留者数が1400人を越えると入場制限されます。
この日は早い時間だったので空いていました。

333.jpg
カラフルなフルーツに
334.jpg
巨大フライドチキン。

食べたいけどもうお腹いっぱいで食べれない~。

ぐるっと一周歩き回ってからホテルに帰りました。

コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。