スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IL GHIOTTONE

おそとごはん
04 /12 2012
今週月曜日、京都のT王子に連れて行っていただきました。
京都の超有名イタリアン「イル・ギオットーネ 本店/IL GHIOTTONE」。

ほんとうは中国語教室の日ですが、
お誘いいただき「行く 行く」と即返してしまいました。

いつかは行きたいと思ってたけど、予約を取るのも難しいと聞いていました。

やっと巡ってきたチャンス

笹島シェフは丸の内店にいらっしゃるそうですが、
噂のイタリアンにわくわくしました。

お店は京都、八坂神社隣りの五重塔のすぐ近く。
20120412ーイル2
まさに京都の一軒家。
看板も控え目です。

20120412ーイル1
HPよりお借りしました。
ディナー開始時間に入店しましたが、
他のお客様も結構いらしていたので、店内のお写真は撮ることが出来ませんでした。
思ったよりこじんまりしてましたが、
席数は45席あるそうです。

超有名店ですが、若いスタッフの方が多くて
気取った感じはありませんでした。

20120412ーイル3
私はあまりお酒を飲めないので、友達がオーダーしたワイン。

20120412ーイル4
最初にグリッシーニという細長いクラッカーのようなパンが
サーブされましたが、写真を撮るのを忘れました。
パンは5種類ほどあり、好きなパンをチョイスして温めていただきます。
パンにつけるオリーブオイルはとても口当たりのいいものでした。

今回はコースで頂きました。

前菜 その1
20120412ーイル5
カニ身のスープ仕立て。
お豆のペーストがはいったラビオリが入ってます。
器の内側にはカニみそが塗られ、縁にはお豆を乾燥させて粉末にしたものと
カシューナッツの砕いたものでデコレーション。
食べながら、それらのものを混ぜながら味を変えて楽しむということです。
スープはあっさり、カニの旨味を味わえました。

前菜 その2
20120412ーイル6
さっと炙ったまぐろにイスラエル産のキャビア添え。
炭火で炙ってるのかな?
まぐろが香ばしくてめちゃうまでした。
ふきのとうのてんぷらと山菜、黄色いのはおみかんでした。
グレープフルーツを甘くしたようなお味。

前菜 その3
20120412ーイル7
ココットの底にはオルトという雑穀。
あわび、うに、焼いた京都のたけのこが入っていました。
あわびがびっくりするくらい柔らかかったです。

前菜 その4
20120412ーイル8
焼いたホワイトアスパラに生ハム、水牛のチーズを乗せ
たっぷりのトリュフをトッピング。
こんなに大量のトリュフをいっぺんに食べるのは
人生初かも~
さすがにお皿から香りがたちあがってきました。
トリュフってこんなに海の香りがするんですね。
初めて知りました。

やっとここからパスタです。
20120412ーイル9
車海老と菜の花のトマトソース。
麺は少なめ。

20120412ーイル10
丸いパスタに柔らかく煮たお肉。
チーズがかかっていました。

メイン
20120412ーイル11
お野菜のうえに鴨肉。
綺麗ですね~。美味しくないはずがありませんわ。

お口直し
20120412ーイル12
アップルビネガーのジェリーにライムシャーベット。
ライムの爽やかな苦みでお口の中がさっぱり。

デザートは6種類ほどあり好きなものをチョイス。

みんなでかぶらないようにオーダーしてみました。

20120412ーイル13
私は抹茶のティラミスとタルト&ジェラード。

20120412ーイル14
冷たいガトーショコラコラにビアンコマンジャーレ。

20120412ーイル15
ほんのり温かいチーズスフレ。

20120412ーイル16
最後に焼き菓子と
20120412ーイル17
珈琲で終了です。

イタリアンと言うより
京野菜をふんだんに使ったイタリアン・オリジナル料理と言った方がいいかな~。
素材の味を生かす薄味の味付けがメインですが、
適度にパンチもあり、私はこのお店のお味は気に入りました。

コスパについては今回はごちして頂いたので、コメントのしようがありませんので
ご了承くださいませ。

京都の桜はもう終わっちゃうけど、今度はランチで行きたいです。
ランチだったら私にも行けそう(笑)

京都のT王子、ごちそうさまでした~


コメント

非公開コメント

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。