スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海旅行記 その2

おでかけ
08 /19 2011
8月4日(水) 続き

あ~帰国してもう10日も過ぎてしまいました。

なんだか記憶もぼけてきて、かなりの妄想がはいってしまうかも~

取りあえず、続きから。

リニアの龍陽路駅に着いて、タクシー乗り場へ。

事前の下調べでここのタクシー乗り場には
メーターが早く上がるように細工したタクシーや
遠回りするタクシーがまじるそうです。
上海万博以降、係員が駐在するようになりかなり改善されたそうですが、
要注意です

全部が全部ってわけじゃないけど、赤色とあずき色のタクシーは
出来れば避けたい。
安全なタクシー会社名をプリントしたメモを見ながら、
自分たちの番になるタクシーを確認。
この辺が「お気楽台湾」とは違うところ、結構神経使いました。

無事にタクシーに乗り込み、遠回りしてぼられることもなく
ホテルに到着。

上海復旦皇冠假日酒店(クラウンプラザ 上海復旦)
20110819-02.jpg

20110819-01.jpg
玄関では上海万博マスコットの「海宝(ハイバオ)」くんがお出迎え。

こちらのホテル、一応星なのですが、
上海の中心地からかなり離れています。
ジェリーくんがお泊まりじゃなければ、絶対に泊ることのないロケーションの悪さ。
ガイドブックにも載ってません。
日本の大手旅行会社の格安団体ツアーで使われているようで、
連日ホテルの前にバスが着き、たくさんの日本人がチェックインされてました。 

ホテルに着くと、ロビーには見た事あるような人が座ってる

「段取りが組めなくて今回は無理」って言ってたAYAちゃんでした。
実は私は知ってたんだけど、みんなを驚かすって言うもんだから
秘密にしてたのです。
サプライズは成功
20110812-18.jpg

一旦、部屋に荷物を置いてロビーで東京組を待ちました。

これまたサプライズ成功~ で全員揃いました。

この日、ジェリーくんは遠方の別荘地でロケしてるということで
たぶん帰りは遅くなると読んで、ご飯を食べに行きました。

ホテルからタクシーでワンメーターぐらいのところにある「五角場」という
商業施設、ちーちゃんが調べてきてくれた24時間営業の飲茶のチェーン店「避風塘」へ。
20110812-19.jpg
お店の前にはお待ちの人がいましたが、すぐに案内してくれました。
20110812-20.jpg
満席ではないけど、そこそこ混んでました。
20110812-21.jpg
チャーシューのはちみつ風味。これはうまい。
20110812-22.jpg
ワンタン麺。ワンタンを食べそびれたのですが
美味しかったそうです。
麺は細めでお味はかなり薄味。
20110812-23.jpg
柔らかいもちもち生地の中に海老がはいってました。
20110812-24.jpg
たぶん上海焼きそばとは違うものだと思うのですが、
濃い色の割には味があまりしません。
20110812-25.jpg
蟹みそ小籠包。皮はうすくてよかったけど蟹の風味はいまいちかな。
20110812-26.jpg
チャーシュー饅頭。
20110812-27.jpg
メニューの写真が美味しそうだった焼小籠包。
20110812-28.jpg
裏返して盛り付けられてました。
石鍋の中には生の青ネギがどっさり。
その割には熱が通ってないので、試しに食べてみましたが辛かったです。
で、結局これは付け合わせなのか飾り物なのかわからずじまい。
20110812-29.jpg
空芯菜か青菜のさっぱりとした炒め物が食べたかったのですが、
こんなん出ました~
味は悪くないんだけど、お皿のふちで油を切らないと食べれない。
昔々、団体ツアー旅行で行った香港の激マズ料理を思い出しました。
20110819西瓜ジュース
飲み物はスイカジュースをピッチャーで頂きました。

5人で377元(4900円ぐらい)ということで
お値段もリーズナブルでした。

お店を出るとなんだかおじさんがすり寄って来る。
何を言ってるのかわからなかったけど、どうやら「お金をちょうだい」って
言ってるみたい。
「物乞い」のおじさんでした。
身の危険を感じる事はなかったけど、こんなに近代的な場所にいるんだねと
到着日から軽くカルチャーショック

この「五角場」っていうところはかなり広そうでした。
あんまりぶらぶらする気にもなれなかったのですが、
大きな通りで見かけたのは
[広告] VPS

盆踊りみたいね~。
なんだかとっても楽しそうだし~
出来れば混じって踊りかったわ。

帰りもタクシーでホテルまで戻りました。


さて、こっからが追っかけレポ。







ホテルに戻ると、ロビーはまだ人も少なめ。
取りあえず、部屋に帰って荷物を置いてからロビーに降りました。

何時に帰ってくるかわからないけど、
上海まで来たからには「一度くらい生ジェリーくんに会いたい
で、連線をチェックしてたら10時7分ぐらいに撮影が終了とのこと。

たぶん、1時間以上かかるよねと言いながらロビーで待機。

23時半頃、ロケ現場に行かれていた迷さんたちが帰ってこられました。
ということは、もうすぐジェリーくんの到着だ~
一気にみんなが動き出して、玄関から花道みたいなのが出来ました。

車のドアが開いてジェリーくんが降りてきた。

この日、何を着てたかも全然覚えてないのですが、
胸のあたりや肩の周りのお肉が落ちちゃってかなり痩せたみたい。

自分の目の前30cmのところを歩いてるのに、
差し入れを手渡そうとジェリーくんの手ばっかり見てました。
結局渡せず・・・ 何してんだか・・・

暑い上海でのロケも2ヶ月を過ぎ、かなりお疲れと聞いてましたが、
想像以上にこの日のジェリーくんは痩せていてショックでした。
そばに寄る事も忘れて、表情ばかり見てましたが
ロビーで待つ旭迷さんたちに必死で目をおっきく開けて微笑んでいるのが
痛々しかったです。

この日、お誕生日の迷さんがいてそのことを伝えると
「生日快楽!(お誕生日おめでとう)」と言って
彼女の手を取って唇を近付けキスするふりをして
自分の手にキスをしたそうです。
私からはその現場は見えなくて歓声だけを聞いていました。
疲れていたように見えても、そんな余裕があったのねと
ちょっとほっとした気分になりました。
エレベーターに乗った姿もちびの私には全く見えず。
この日は「前へ前へ」行けなかった私です。

ジェリーくんがお部屋に帰った後、海外迷さんたちと少しおしゃべり。
彼女たちは翌朝は6時から待機されるということなので、
私たちも6時に降りる事を決めました。

部屋に戻って、この日の連線をチェックしてたらもう3時

こうして上海初日にジェリーくんに会えるというラッキーから始まりました。



コメント

非公開コメント

>HARUMIさん

かなり記憶はぼけてきてるんだけど
こうして書いていくとだんだん思い出してきました。
この時点では、台風来てるのに無事に着けたし
初日にジェリーくんに会えたし、そこそこ満足だったね。
初大陸は色んなところで驚く事がいっぱいだったね。
特に観光地の人の多さe-451
大陸の人が声が大きいのは
人がいっぱいいるから大きな声になっちゃうという
俗説、納得しちゃいました。

ブログにより

記憶薄れてきたあの時の上海が思い出されて嬉しく、楽しく、ウットリとした気分で読ませて頂きましたv-10生Jerry君を前にしちゃうと何故かじ~と見てしまいなかなか前に出るなんて出来ない私達ですねv-393まあ見れるだけで満足してしまうのですが・・・v-410上海着いた初日から見れて嬉しかったですv-344「五角場」想像していたより凄く都会的でビックリでしたv-405もっともっと汚い感じをもっていたのでv-397ゆっくりでよいのでまだまだUPヨロシクお願いしますv-411

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。