スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011GW台湾旅行記 食べたもん編 その7

Taiwan
05 /15 2011
昨日、M氏より
「食べたもん その6って~。 いつまで続くん?」 とか

I嬢より
「1日何食食べてるの~」とか

感嘆のお言葉を頂きましたが、その7突入いたします

5月6日(金)

台北に来たらやっぱり一回は食べておかなくちゃ。
「阜杭豆漿」の朝ごはん。
並ぶの嫌いな夫のために早起きして買いに行きました。

開店時間が5時半、5時45分に着きました。
20110506朝1
工房の中はたくさんの職人さんが大忙し。
20110506朝2
もう15人ぐらい並んでる。
20110506朝3
20人ぐらいの人はもう食べてる~
20110506朝4
冷たい豆乳の甜豆漿、豆乳スープの鹹豆漿、薄餅夾蛋。
20110506朝5
薄餅夾蛋というのはナンみたいなパンに卵焼きが挟んであります。
お店でお醤油少しと豆板醤をつけて帰って来ました。

外帯(持ち帰り)って言ったのに、
お姉さんが器に鹹豆漿を入れちゃいました。
外帯だよというと「ごめんね~」と言ってそのままテイクアウト容器へ。
なので本来底に入っているお出汁などが逆さまになってしまいました。
歩いて10分くらいだったけど、
食べようと思うとかなりむらむらに。
「鹹豆漿」はやっぱりお店で食べた方がいいみたいです。

その後、MRTで淡水へ。
老街を歩いてから、渡し船で対岸の八里に渡りました。

この日は八里左岸の紅樹林(マングローブ)保護区をお散歩。

本当はレンタサイクルでサイクリングするつもりでしたが、
自転車を借りるときにパスポートを預けるか
2000元の保証金を預けないといけません。
ところが、このレンタサイクルには鍵がついてないのだ。
だから自転車を置いて博物館に行くのはちょっと不安。
もし盗難にあったら1台6000円。
事前にわかっていれば、100均で鍵を買っていけばよかったと
後悔しました。

お目当ての「十三行博物館」まで約4km歩きました。

12時過ぎに着いたころにはお腹が減ってきた。
博物館内のレストランで食べようと思ってたら、
営業してなかったので、ちょっと戻って近くのレストランに。

小さな町工場が立ち並ぶ道筋に
何やら超おサレなお店。
20110506八里1
台湾に来たら台湾らしいものを食べたいので
この手の洋食屋さんに入るのははじめてかも。
20110506八里2
開店直後で誰もいない。
でも「WELCOME」って出てるから大丈夫だよね。
お店の名前は「Domoney Cafe」
20110506八里3
白のインテリアがスタイリッシュ。
20110506八里4
熱帯魚の水槽がありました。
20110506八里5
ランチョンマットも可愛い~。
20110506八里6
アルパカのイラストです。
20110506八里7
塩・胡椒入れは卵型。
20110506八里8
伝票もこんな可愛いサボテンさん。
小物までかなりこだわってはりますね。

メニューの写真を撮るのを忘れました。
20110506八里9
パスタについてるスープとパン。
20110506八里10
ミートソースパスタにしました。
20110506八里11
こちらはチキンカレー。同じスープがついてました。
大きな鶏肉がごろごろはいってて、お味は昔懐かしいカレー。
ご飯のうえに「お茶漬けのもと」がかかっているのはなぜ~
20110506八里12
ソフトドリンク付きで全部で693元、2000円弱。
こちらではセレブランチですね。
20110506八里13
窓際のお席だったのですが、
となりのお庭にはポニーがいました。
エアコンの室外機の前から動きません。
涼んでるのかしら。
あと庭のインコちゃん。
20110506八里14
お店の方が日本語で
「知り合いが出した本です。よかったら読んでください」と
持ってきてくださいました。
アルパカとにゃんこのたまちゃんのお話でした。

思いがけない場所でほっこりとしたランチを楽しめました。

博物館を見た後はバスで帰りました。

最後の夜ごはんは夫が「もう一度サバヒーを食べたい」と
言うので、AYAちゃんから聞いてた「度小月」に再訪。
こちらも毎回してるので、今回はパスしますね。

ということで食べたもん編は一旦終了です。

あと太魯閣ホテル編、観光編へと続きま~す




コメント

非公開コメント

>HARUMIさん

その通り~(笑)
台北に行ったからには1回は食べとかないとね。
あとかおりさんと楊さんは買いに行けないから
私が買って来る時しか食べれないのです。
楽しみに待っててくれる人がいると
使命感に燃えてしまうのだ。

淡水は何回も言ってるんだけど、
阿給と貝はまだ食べた事ないんです。
屋台のおやつでおなかいっぱい。
「食べたいけどこれ以上は無理~e-464
10円アイスにおサレなカフェ。
何回行っても楽しめるよね。
次回は夕日を見に行きましょe-2

いい奥様(笑)

超早起きで行ってきたんだねv-410優しい奥様ですねぇv-344って自分が食べたかったからかなv-411ここは本当に美味しいよねって私も昨年初めて連れて行ってもらったんだけどね(汗)いろいろ食べたくなりますv-396
淡水はまだ向こう岸に渡ったことはないんだよね~
スーのミニライブの時はずっと淡水の奥の奥だったから
眺めはよかったけど・・・食べ物屋さんはあまり・・・
淡水では貝を沢山たべた記憶だけですv-408

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。