スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近買った本 

Taiwan
04 /11 2011
20110410台湾ではじめよう中国語
書店の語学コーナーにはたくさんの中国語教材が並んでますが、
ほとんどがピンイン(大陸方式)で書かれています。

この本のようにピンインと注音(台湾式)と両方記載されてる本は
非常に珍しいのです。

主な内容は
有気音と無気音、「一」の四声変化、否定の「不」の変化など
基礎中の基礎
中国語を勉強し始めた人にはぴったりだと思います。

サブタイトルは
「カタカナで覚えた中国語は通じない!」
確かに台湾に行って、ガイドブックに書いてあるカタカナでしゃべっても
ほとんど通じません。
それより漢字で筆談する方が通じるかもしれません。

まずは発音と四声をしっかり覚えていくことを意識して
勉強しなければいけませんね。

年々覚えも悪くなって、なかなか上達しませんが
とりあえず、頑張っています(笑)

20110410台湾たびのしおり
こちらは「台湾たびのしおり」。

けしごむ作家ayacoさんのブログが大ヒットして
本になりました。

この方のブログ「台湾たびのしおり」
いつも見させて頂いてるので
中身をチェックしてから買おうと思っていましたが、
なかなか書店で見つからなかったので、amazonで買いました。

さすがリピーターさんがお書きになっただけあって
「西瓜汁(スイカジュース)のみくらべ」「永楽市場の生地屋さん」
「勝立生活百貨」など、ハマりどころが同じなので
読みながらニヤニヤしてしまいました

コメント

非公開コメント

>みけさん

そうそう、お勉強の第一目的が
「ジェリーくんの言葉を自分で理解したい」だから
台湾華語じゃなくちゃ、だめなんですよ~(笑)

タピオカドリンクも
お店によって味が違いますよね~。
私は「歇脚亭」派なんですが、
街中でふらっと立ち寄ったお店が
思った以上に美味しかったりして。
これも街歩きの楽しみのひとつですね。

私も「闘茶」のロケ地とは知らなくて
この本を見て驚きました。
あのゆる~い時間、また行きたいですね。

同じく

『台湾ではじめよう中国語』ってタイトルいいですね~
私達の場合、北京語より台湾華語の方が重要ですもんね(笑)

『台湾のたびしおり』
ツボが同じですぅ(爆)
スイカジュースの飲み比べに興味津々でした。

タピオカドリンクも詳しく載せてくれたら、嬉しかったのに(>_<)

ayacoさんは、ショウくん迷なんでしょうね!
Jerryはこんだけかい?って感じだし、F4の紹介も全く無かった(:_;)


あの猫空の茶芸館って、仔仔の『闘茶』のロケ地だったって知りませんでした。ビックリ!
行けて良かったです。

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。