スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックリブのママレード焼き

おうちごはん
11 /23 2009
先日、スーパーで珍しくバックリブを見つけました。
 
スペアリブはよく売ってますが、
スペアリブとは腹側(下側)のあばら骨についてるバラ肉側の部位で
バックリブは背中側(上側)の中心部分のあばら骨についてるロース側の部位。

バックリブはスペアリブに比べて脂身が少なく柔らかいのが特徴ですが、
日本ではほとんど加工されてないそうです。
スペアリブ
ママレードどっさり、お醤油、お酒、にんにくのすりおろし、たまねぎのすりおろしを
混ぜた漬け汁に3時間以上漬け込みます。
あとはオーブンで焼くだけの楽チン料理。

見た目が豪華でビールのおつまみによく合います。
パーティーメニューにいいですね。

バックリブが美味しいのは「トニー・ローマ」
g163300v.jpg
こんな風に切らずにでっかいままで焼かれます。
ソースがいかにも「アメリカン」って感じで美味しいんだな。
でも大阪には出店してないので、東京かグアムに行った時しか
食べれないのです

コメント

非公開コメント

>AYAさん

私もママレードで煮込んだ後に
オーブントースターで焼き目をつけたりします。
ソースがちょっと焦げたところが、美味しいんだ。

美味しそう~

美味しそうだね
スペアリブは知ってるけどバックリブっていう部位があるんだね
手羽のマーマレード煮は作るけど
漬け込んで焼くのも良さそう
今度やってみよ~v-392

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。