スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾で跨年 その5

Taiwan
01 /12 2011
またまた「台湾で跨年」に戻ります。

次は行ったとこ編

まずは九份から。

1月1日、花博会場を昼過ぎに出て、お昼ご飯を食べた後
ぴょんさんたちと忠孝復興駅で待ち合わせ。

今回は台北よりバスで九份に行くことにしました。

1時間くらいかかるので、バスの中で爆睡
20110112九分2
だんだん暗くなってきて、夜景も綺麗に見えました。

もう提灯の明かりもついてるだろうね~と話してたのですが、
九份へ登る道で渋滞にはまってしまいました。
土曜日だから混むだろうとは思ってましたが、
こんな事は初めて

どうやら自家用車で来てる人が、細い道に車を停めてるので
向こうからバスが来ると行きかえないみたい。

バスの運転手さんは停留所のちょっと手前で降ろしてくれました。

まずは基山街という両側にお土産屋さんなどが立ち並ぶ
通りを歩きます。
20110112九分3
このあたりはまだ普通に歩けたのですが、
途中でまたまた渋滞にはまり、やっとのことで抜け出しました。

九份と言えばこの風景。
20110112九分4
みなさんここで写真を撮られます。

ここでちょっと
なんか違うぞ~

夜に来たのは初めてなのですが、
前に来た時の写真を見ると
20110112九分1
そう、提灯の色が違うのです。
カメラのせいじゃありません。
ガイドブックなどは真っ赤な提灯の写真が載ってます。
20110112九分5
何故か「阿妹茶楼」だけは赤い提灯のまま。
赤の方が雰囲気が出るんだけどな~。

九份のスイート「芋圓」を食べようと思っても
長蛇の列であきらめました
何も食べずに茶芸館にも寄らず、そのまま豎崎路を降りて
タクシーで瑞芳駅まで戻ることになりました。

帰るころには渋滞もなくなり、
一番混む時間帯に行ってしまったってことですね。

そこから松山駅まで台鉄に乗り、
「饒河街観光夜市」に行きました。

夜市の入口にある「松山宮」
20110112松山2
ライトアップが綺麗でした。

夜の九份は初めて行きましたが、
滞在時間が短かったので、再度リベンジ決定です。

コメント

非公開コメント

>みけさん

基山街の安く食べれるお店は
お店の前に列が出来てましたが、
茶芸館は空いてましたよ~。
九份の茶芸館は私たち観光客でも「ちょっと割高だな~」って
思うくらいだから、地元の人は行かないんでしょうね。

今度は夕方から九份に行って、
帰りに基隆の夜市に行くってのはどう?
あ~帰ってきたばっかりなのに、
もう行きたくなるってe-350
やっぱり病気ですわ~。

あらら

夕闇の九イ分はゆっくり堪能出来なかったんですね。残念でした。
私も前に行った時は昼過ぎでしたが、土曜日だったので多かったです。
でも、九イ分茶房でゆっくりお茶は出来ましたが。

もう、4年前だからまた行きたいなぁ~
私もリベンジしたいです。

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。