スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニアック?

Taiwan
12 /22 2010
今日は水曜日のレディースディー
スキー場ではなく、映画館に行ってきました。

2010年11月27日の記事した
「モンガに散る」を観てきました。

年末で色々しなくちゃいけないことは山積みですが、
のんびりしてたら終わっちゃうので・・・

上映館は西心斎橋ビックステップビル4階の「シネマート心斎橋」。
初回の9時40分を観るために、9時15分くらいに行くと
エレベーターの前には15人くらいの人が待っていました。
上映されるスクリーン2は103席しかないので、
「早く来てよかった~」と思って映画館に入ると、
同じ映画館のスクリーン1では

7級公務員
韓国映画も上映されてました。

案の定、ほとんどのお客さんはスクリーン1へ


中央の席に座れました。
上映開始10分前でもがらがらでした。


最終的には20人いくかいかないかくらいの観客。

レディースディーでしたが、
男性客が6~7名いらっしゃったかな~。

やっぱり韓流の方がお商売になるのですね。
わかっていたけど、これが現実でした。

さて、映画の方はというと
ストーリー的にはマーク・チャオ演じる「モスキート」が主役に近いかな~。
ハッピーエンドではありません。
かなりせつないです。
自分の中でまだ消化できてません。
日本語字幕で内容がはっきりわかったので、
中文字幕のDVDを手に入れて、復習します。
日本語字幕のDVDはきっと出ないと思うから・・・。


コメント

非公開コメント

>みけさん

ネタばれになるから、内容に関しては
あえて書かなかったけど、
時代背景となる1985~1986年頃の台湾の立場や
台湾人の気持ちのあり方とか色々考えさされました。
見終わった後、誰かとこの映画の話をしたいと
強烈に思った作品でした。
DVDは出るかな~。
劇場の入りを見てると、ちょっと無理っぽいかもe-263

やっぱり見たいかも?

「モンガに散る」評判いいみたいですね~

やっぱり見てみたいかも?
ジェリーくんもきっとあんな役をやってみたいんでしょうね。

台湾の歴史文化に触れる機会だし、近くの映画館では上映されてないので、レンタルが出るのを期待したいけど、無理でしょうか?

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。