味庵茶坊

おそとごはん
11 /28 2013
11月24日(日)

2回目の「花様」を台湾ドラマファンの友人たちと鑑賞。

映画館「シネマート心斎橋」は大阪のアメリカ村の真ん中。

台湾で言えば「西門町」みたいな若者の街。

鑑賞後に「どこでランチしよっか?」と言ったら
友人か映画館に来る前になんやらアジアっぽいお店を見つけたらしい。
「メニューが台湾っぽいのよね」と言うので行ってみました。

IMG_8032.jpg
味庵茶坊

右上から ルーロー丼、
     サンラータン麺+小ルーロー丼、ジャージャー麺+小ルーロー丼。

魯肉飯(ルーローファン)とはバラ肉など脂身の多い豚肉を
台湾醤油、米酒 、砂糖、油葱酥 (揚げた赤ねぎ)などで作った甘辛い煮汁で煮込み、
煮汁ごと白ごはんの上に掛けた台湾の代表的な丼。

そぼろじゃなくて予想外のかたまりお肉。

台北の金峰魯肉飯ではこのかたまりお肉バージョンが食べれます。

ちゃんと煮卵も入ってる~。

一口食べてさらにびっくり。

「台湾的味道~」台湾の味だ~。

お店のお姉さんに聞いてみたところ
お店のオーナーさんが昔台湾に留学されてたそうです。

この日作られたのは台湾の方じゃないけど、
前は台湾・高雄の方がいらっしゃったそうです。

たぶん本場のレシピをお持ちなんだと思います。
こんなに近いところで台湾の味に会えるとは。
いいお店を見つけました。

写真を撮るのを忘れましたが、ランチセットには
+250円でブラックタピオカミルクティー小をつけることが出来ます。

さすがにタピオカのもちもち感は本場のようにはいかないけど、
私の頂いたルーロー丼680円につけて930円。
お値打ち価格だと思います。

こちらではテイクアウトのジューススタンドもありました。
若い女の子たちが結構群がってたので
大阪でもひそかにタピオカミルクティー流行ってきてる?

本場の春水堂さん、大阪にも来ないかな~。

春水堂さんは代官山の初出店に続き、
今冬に六本木エリアで出店予定だそうです。
イメージを大切にされてるみたいだから、
アメリカ村よりヨーロッパ村の方が向いてるかも(笑)








スポンサーサイト

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。