陽明春天

Taiwan
11 /29 2011
10月の台湾旅行で「陽明春天」に行きました。

本店は陽明山にある素食(ベジタリアン)レストラン。
市内中心部から少し離れているのでなかなか行けなかったのですが、
忠孝復興と西門町にも支店が出来ていました。

西門町の方が近いので、迷友さんと二人でランチ。
20111129-01.jpg
HPにもガイドブックにもお昼の中休みはなく営業してると書いてあったので、
お昼時間をずらせて遅めに行きました。

お店に着いてドアの営業時間を見ると15時から17時までは一旦閉めるようです。
なんとかぎりぎり間に合いました。

20111129-02.jpg
入ってすぐの手前のお席に通されました。
外の光が入って気持ちいいのですが、壁に仕切られてた中の様子が気になります。

コンクリートの打ちっぱなしに落ち着いた色調のインテリア。

他のお客さんが帰られた後、マネージャーさんに聞いて奥の席を見せてもらいました。

壁の後ろ側は
20111129-03.jpg
4人席テーブルの間はカーテンの仕切りがあり、照明も素敵です。

地下にもお席があり
20111129-04.jpg
こちらはすべて4人席。
20111129-05.jpg
テーブルのグリーンもすべて違ったものが飾ってありました。

初めてなので、お得なランチコース380元(サービス料10%+して1045円)を
頂きました。
20111129-06.jpg
まずはサラダ。
お野菜がみずみずしい。
20111129-10.jpg
小點は大根餅。
かかってるソースがわからなくて、
こちらはぼや~としたお味でした。

20111129-07.jpg
店員さん曰く、「陽明春天」自慢の自家製パンだそうです。
ベーグルと蒸しパンの間のようなパン。
もっちりして小さめ。

20111129-08.jpg
私が頂いたのは冬瓜のスープ。
薄味ですが旨味が凝縮されて、超うま~
一体何でお出汁を取ってるのでしょうか?

20111129-09.jpg
迷友さんが頂いたかぼちゃのスープ。
お味見させていただきましたが、こっちも超うま~

主菜は8種類の中から選べます。
20111129-11.jpg
私が頂いたこのお料理の名前は「幸福美満」。
なんだかめでたそうな名前です(笑)
アワビダケと言うきのこのから揚げに特製ソースがかかっていました。
小鉢に入った麺はグリーンのお野菜をもみ込んだ自家製ソーメン。
たれにはお酢が入ってたと思います。身体に良さそう。

20111129-12.jpg
こちらはヤマブシダケを使ったお料理。
まるでお肉を食べてるような食感でした。

デザートはこちらの4種の中から
20111129-15.jpg
飲み物も7種の中から。
20111129-17.jpg
ハーブティーの種類が多いですね。(写真をクリックすると大きくなります)

20111129-13.jpg
私はピーナッツケーキとコーヒー。
20111129-14.jpg
あずきチーズケーキとハーブティー。
どちらも甘さは控え目。

全体の量は少なめですが、目で楽しみながらゆっくりお食事をするので
この量でちょうどよかったです。

こちらでのランチタイムは、
茶芸館でまったり時間を過ごすのと同じぐらい心地よかったです。

台北市内の支店は外の景色は楽しめませんが、
本店はお庭の緑も楽しめるようなので、是非一度行ってみたいと思ってます。

ほとんど日本語は通じませんが、
20111129-16.jpg
メニューには日本語の説明もついていました。

台湾には宗教上の理由や習慣的な理由からベジタリアンの方が多くいらっしゃるので、
素食のお店は前から結構見かけたのですが、
最近はこんなお洒落なお店も増えているんです。
もう1軒気になってるお店があるので、次回のお楽しみです。





スポンサーサイト

keikei

2016年9月1日
ブログタイトルを変更いたしました。

「天天開心」とは
中国語で「毎日楽しくHappyに」という意味。

大好きな台湾のこと。
美味しいもの・楽しいこと・好きなものを
あれこれ綴っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。